logo

パッケージのインポート/エクスポート

Sitecore Content Hub の備えるパッケージのインポート/エクスポート機能を使用すると、インスタンス間で構造的な変更を移行できます。 パッケージ自体は、カテゴリ別に分類された JSON ファイルのコレクションを含む Zip ファイルです。

パッケージの構造

パッケージには、次のカテゴリの情報が含まれます。

  • 自動化テンプレート
  • エンティティ定義
  • エクスポート プロファイル
  • メディア処理
  • オプション リスト
  • ポリシー
  • ポータルのページ
  • 公開定義の設定
  • レンディションのリンク
  • スクリプト
  • 設定
  • ステータス フロー
  • 分類
  • 変形
  • トリガー

パッケージのエクスポート手順

パッケージのインポート/エクスポート機能を使用して構造的な変更をエクスポートするには、次の手順に従います。

  1. [管理] ページで、[インポート/エクスポート] をクリックします。
  2. [インポート/エクスポート] ページの [エクスポート] セクションで、カレンダーをクリックしてオフセット日時を指定します。 このオフセット以降に行われた変更のみが、エクスポート パッケージに含められます。
  3. 使用可能なリストから、エクスポートする情報のカテゴリを選択します。
  4. 必要に応じて、システム所有のアイテムをエクスポート パッケージに含める場合は [システム所有を含める] を選択します。
  5. [エクスポート] をクリックします。 エクスポートしたファイルをダウンロードするための、[ダウンロード] ページへのリンクを含む確認メッセージが表示されます。

エクスポートしたファイルをダウンロードするための、[ダウンロード] ページへのリンクを含む確認メッセージが表示されます。

パッケージのインポート

警告

パッケージからインポートした設定によって既存の設定は上書きされます。

パッケージのインポート/エクスポート機能を使用して構造的な変更をインポートするには、次の手順に従います。

  1. [プロファイル] をクリックし、[管理] ページで [インポート/エクスポート] をクリックします。
  2. [インポート/エクスポート] ページの [インポート] セクションで、[ファイルの選択] をクリックします。
  3. アップロードするファイルを、[ファイルをここにドロップ] アイコン上にドラッグします。 または、[ファイルの選択] をクリックして、アップロードするファイルを参照することもできます。

インポートまたはエクスポートの実行後、変更はすぐに有効となり、ユーザーが使用できるようになります。

Can we improve this article ? Provide feedback