logo

コンテンツ タイプ マネージャー

コンテンツ タイプ マネージャーを使用すると、スーパーユーザーは既存のコンテンツ タイプ (すぐに使用できるコンテンツ タイプを含む) の編集や、新しいコンテン ツタイプの追加を行うことができます。

[コンテンツ タイプ マネージャー] は [管理] の下にあります。

新しいウィンドウには既存のコンテンツ タイプが表示され、新しいコンテンツ タイプは [タイプの追加] ボタンを使用して追加できます。

コンテンツ タイプの編集

既存の各コンテンツ タイプにはオプション アイコン ... があり、次のオプションを提供します

  • 編集
  • コピー
  • 削除

編集

編集により、コンテンツ タイプのラベル、アイコン、色を変更できます。

コピー

コピーは、コピーされたコンテンツ タイプの複製を作成します。

削除

[削除] オプションは、削除が確定された後にコンテンツ タイプを削除します。

ページ右側のセクションは、コンテンツ タイプのレイアウトを提供します。 この例では、[ブログ] のコンテンツ タイプとして [題名]、[引用]、[本文] があります。

このヘッダー、引用、テキスト本文を使用したレイアウトがブログ コンテンツに反映されています。

メンバーの追加

新しいセクションは、ボタンを使用してレイアウトに追加できます。 このボタンで、コンテンツ タイプの新しいメンバーに必要な値を入力する新しいウィンドウが開きます。

[ラベル] は、新しいメンバーの識別子または名前を提供します。

[コンテンツ タイプ] は、次の中から選択します。

  • 単線
  • 複数行
  • HTML
  • コード

[ヘルプ テキスト] は、新しいメンバーの使用方法をガイドするために表示されるテキストを提供します。

[スタイル] はフォント、ヘッダー (H1からH5)、段落 (テキスト) のスタイルを定義します。

[スタイリング プレビュー] には、新しいメンバーがどのように見えるかが表示されます。

必要な詳細を入力したら、[保存] をクリックします。

メンバーの先頭にあるアイコンを使用して、メンバーを並べ替えることができます。

このタイプのコンテンツを開くと、新しいメンバーが表示されます。

メンバーの編集

コンテンツ タイプのメンバーは、編集アイコンを使用して編集できます。 これによりメンバー ウィンドウが開き、新しい値で既存の値を置き換えることができます。

メンバーの削除

メンバーは削除アイコンを使用して削除できます。 メンバーが削除される前に、実行を確認するウィンドウが表示されます。

詳細

コンテンツ タイプのメタデータにメンバーを追加する詳細オプションもあります。 この例では、ブログのコンテンツ タイプは、詳細メンバーを追加できる場所を示しています。

ボタンをクリックすると、新しい詳細セクションが開きます。

  • Boolean: Boolean データ タイプには、「true」か「false」の 2 つの可能な値しかありません。

  • DateTime:DateTime データ タイプには「年-月-日-時」が含まれ、読み取り可能な形式で表示できます。たとえば、「2019-04-15 01:37」は「Apr 15, 2019, 1:37 PM」として表示されます。

  • DateTimeOffset: DateTimeOffset データ タイプには、「年-月-日-時-オフセット (現在の UTC 時間との時差を表す +/- のオフセット値)」が含まれます。たとえば、オフセットがマイナス 6 時間の現在の日時は「2019-04-19 09:30:10-06:00」です。

  • Decimal:Decimal データ タイプは小数式です。たとえば、「½」は「0.5」として、「1¼」は「1.25」として表されます。

  • Integer: Integer は整数であり、分数にすることはできません。たとえば、-5、1、5、8、97、3,043 のような整数の値です。 整数ではない数値とは、-1.43、¾、3.14、.09、5,643.1 などです。

  • Long: Long は長整数であるため整数ですが、整数よりも大きい数 (1、10、99、234536 など) が含まれます。

  • オプション リスト: オプション リストは、「タスク ステータス オプション = 1. 未開始/2. 完了/3. キャンセル」のような、システム内にある既存の選択可能なオプションのリストです。 オプション リストの詳細については、「オプション リスト」を参照してください。

  • タクソノミー: タクソノミーは、システム内にある既存の階層スキーマです。 タクソノミーの詳細については、「タクソノミー」を参照してください。

必要なデータ タイプを選択して [保存] をクリックします。 新しい [コンテンツ] ウィンドウが開きます。 この例では、「ブログに製品の詳細が含まれている」場合のデータに対して、Boolean データ型が「true」または「false」のメタデータ フィールドに使用されます。

ブログのコンテンツ タイプのアイテムが開かれると、詳細の下に次の項目が表示されます。

新しいメタデータ フィールドが表示されます。 「true」または「false」の値は、スライダー ボタンで示されます。

タイプの追加

新しいコンテンツ タイプは、[タイプの追加] ボタンを使用して追加できます。

このボタンを押すと新しいコンテンツ タイプ ウィンドウが開きます。識別のために [ラベル] を入力し、[アイコン] と [] を選択します。

新しいコンテンツ タイプを保存できます。

新しいコンテンツ タイプは、[コンテンツ タイプ マネージャー] に一覧表示されます。

新しいコンテンツ タイプのレイアウトを定義できます。 コンテンツ タイプをクリックし、ボタンを使用してメンバーを追加します。

このコンテンツ タイプを使用して、コンテンツを作成できるようになりました。

新しいレイアウトが表示されます。

一般メンバー

一般メンバーは、コンテンツ タイプのメタデータのセクションです。

これらの 2 つのフィールドは、コンテンツに関連付けられたメタデータに関連しています。

メンバーは、ボタンを使用して要素のいずれか、または両方に追加できます。

新しいメンバーは、コンテンツのそれぞれの詳細 (戦略と詳細) に表示されます。

Can we improve this article ? Provide feedback