logo

ファイル ストレージ

Sitecore Content Hub では、頻繁に使用されるアセットとそうでないアセットがあります。 アーカイブされたアセットは、多くの場合、使用されないままです。

ストレージを最適化するために、Sitecore Content Hub ではアセット ファイルを Azure の 2 つの異なる層の BLOB に保存します。

  • ホット層の BLOB: 頻繁に使用するファイルを保存します。
  • コールド層の BLOB: 頻繁には使用しないファイルを保存します。

BLOB ストレージ データ

統計ページには、ホット層の BLOB とコールド層の BLOB に保存されているファイルの合計サイズが表示されます。

コールド層の BLOB

アセットをアーカイブすると、元のファイルとそのすべての必須ではないレンディションはコールド層の BLOB に移動されます。

必須ではないレンディションとは、[アーカイブされたアセット] ページやアーカイブされたアセットの詳細ページでアセットを表示するために必要ではないすべてのレンディションです。 必須のレンディションとは、プレビューサムネイルサムネイル クロップです。

コールド層の BLOB に移動されたレンディションには、新しいプロパティが含まれています。 スーパーユーザーは、アーカイブされたアセットのエンティティの詳細ページでそれを確認できます。

ホット層の BLOB

アセットのアーカイブを解除すると、元のファイルと前に削除されたすべての必須ではないレンディション (ある場合) が再処理され、ホット層の BLOB に移動されます。

レンディションの削除

システムは、一定の日数が経過した後に必須ではないアセットのレンディションを自動的に削除します。 [アーカイブされたアセット] ページには、それを示すメッセージが表示されます。

この日数は、ArchivedAssetsCleaner 設定で設定することができます。

警告

ArchivedAssetsCleaner 設定は、スーパーユーザーのみが設定できます。

この設定を行うには、次の手順に従います。

  1. メニュー バーで管理 をクリックします。

  2. [管理] ページで、[設定] をクリックします。

  3. ArchivedAssetsCleaner を検索して選択します。

  4. [間隔] フィールドに、必要な値を入力します。 入力可能な値は次のとおりです。

    • 範囲: 1〜999 日
    • 既定: 30 日

Can we improve this article ? Provide feedback