logo

コンテンツのコラボレーション

CMPは、エディタの共同編集機能を通じて、コンテンツの作成、アノテーション、およびコラボレーションを同時に提供します。 変更は追跡できます。

  • コメントを追跡します。

  • テーブル、アセット、またはその他のブロック コンテンツの挿入。

  • 変更を提案、承認、または拒否します。

同じドキュメント内に他のユーザーとの同期協働編集があり、ユーザーが何を編集しているかをリアルタイムで確認できます。 リアルタイム コラボレーション機能をコメントと統合して、アクティブなコラボレーションを可能にすることもできます。

エディタの詳細に関しては、「エディタ」を参照してください。

アノテーションをするには、[編集] をクリックします。

既存のコメントが表示されます。

コメント

コンテンツを開き、領域を選択するとテキスト ツールバーが表示されます。 選択肢の一部が強調表示されると、エディタ ツールバーの [コメント] ボタンがアクティブになります。

[コメント] ボタンをクリックすると、コメント ボックスが開きます。

コメントが作成されたら、緑色のチェックマークをクリックします。

コメントが保存されると、[返信] ボックスが利用可能になります。

これにより、コンテンツ マネージャーとコンテンツ クリエーター間のコラボレーションが可能になります。

共同編集

コンテンツは、複数のユーザーが同時に作業できます。 各ユーザーは、編集や修正をリアルタイムで確認できます。 変更と現在の作業は、各ユーザーの色付きのピンでマークされます。 これにより、リアルタイムのコラボレーションとコミュニケーションが可能になり、コンテンツ作成を最大限に活用できます。

ピンは、変更と現在の作業を強調表示します。 ピンの頭を拡張すると、変更しているユーザーを確認できます。そのため、すべてのコラボレーションは、変更箇所だけでなく変更者も確認することができます。

このインタラクティブなコラボレーションは、新しいバージョンとして保存できます。 変更履歴を許可し、必要に応じて、その変更をロールバックします。

コンテンツのバージョン管理に関しては、「コンテンツのバージョン管理」を参照してください。

CMP ステータス フロー状態に追加する場合、レビュー作業は共同作業となる場合があります。

Can we improve this article ? Provide feedback