logo

エディター ツールバー

エディターは、コンテンツ タイプごとに定義されたセクション レイアウトを作成するために使用します。 これにより、ツールバーを介してテキストの書式を整えることができます。

使用可能な操作は次のとおりです。

  • [元に戻す] および - [やり直し] オプション:

  • 段落またはヘッダー のオプション:

  • 文字サイズのオプション:

  • フォント:

  • 太字、斜体、下線、ハイライト:

  • テキストの配置:

  • 段落番号および箇条書き:

  • リンク:

  • ブロック引用:

  • テーブルの挿入:

  • アセットの挿入:

    [アセット挿入] をクリックすると、[アセット挿入] というウィンドウが開きます。このウィンドウでは、アセットを選択し、コンテンツに挿入できます。

    [選択] をクリックし、パブリック リンク作成モーダルを開きます。

    パブリック リンクの詳細については、「パブリック リンク」を参照してください。

    パブリック リンクを作成したら、[選択] をクリックします。

    次に、[パブリック リンク] を使い、コンテンツに画像を挿入します。

コメント

エディター ツールバーの最後にあるアイコンを使うと、コメントを挿入できます。

コメントは追跡され、リアルタイムで行われるため、アクティブなコラボレーションが可能になります。

3.2.x にアップグレードする場合、インフラストラクチャ チームは、CKEditor が CMP モジュールで正しく機能するようにサーバー側で追加の設定を行うことにより、CKEditor を有効にする必要があります。 インフラストラクチャ チームが、[CKEditor] を有効化せずに、[CKEditor] を使用した場合、404 エラーが表示されます。

Can we improve this article ? Provide feedback