logo

コンテンツの作成

コンテンツは CMP の中心となるテーマです。 したがって、コンテンツの作成は基本的に重要です。 この目的を達成するため、CMP フローは標準のマーケティングコンテンツ制作のプロセスを反映しています。

重要なコア データをキャプチャする一方で、コンテンツの作成は可能な限りシンプルに保たれています。 コンテンツが CMP フロー、または使用されているカスタム コンテンツの作成フローに進むと、さらなる詳細が提供または追加されます。

コンテンツの作成は、概念化作業のプロセスから始めることができますが、CMP は敏捷性を実現することを目的としているため、CMP フロー全体を通してコンテンツを作成できます。 コンテンツの概念化とは、コンテンツの作成に最適なトピックや、どのトピックが対象の顧客ターゲットにつながるかを特定するプロセスです。

コンテンツは、すぐに使用できる以下のタイプがあります。

  • ブログ
  • ソーシャル メディア
  • ホワイト ペーパー
  • レシピ
  • ウェビナー
  • メール
  • 広告

ローカライズ、適応、または複製

コンテンツの作成は、コンテンツをローカライズ適応複製する強力な機能に関連しています。

コンテンツの作成方法

CMP では、ツールバーにある ボタンをクリックすることで新規コンテンツを作成できます。

これにより、以下のフィールドがある新規 [コンテンツ] モーダル ウィンドウが開きます。

  • 名前 - 必須。
  • キャンペーン - オプション。
  • ローカライズ - オプション。
  • タイプ - 必須。

名前

名前” は必須のフリー テキスト フィールドです。

キャンペーン

[キャンペーン] は選択リストです。 [+] をクリックして、既存のキャンペーンリストから選びます。 検索ボックスを使用して目的のキャンペーンを見つけることができます。 適切なキャンペーンを見つけて、チェックボックスをオンにします。

コンテンツを関連付けるキャンペーンがまだ存在しない場合は、[新規キャンペーン] ボタンを使用してキャンペーンを作成できます。 このボタンをクリックすると、新規キャンペーンのモーダル ウィンドウが開きます。 キャンペーンの詳細については、「キャンペーン」を参照してください。

ローカライゼーション

既存のオプションリストから、[ローカライゼーション] を選びます。

コンテンツの [タイプ] は、以下のすぐに使用できるタイプから選択します。

一度、タイプを選ぶと、後で変更はできません。

フィールドを入力したら、[作成] をクリックします。

バージョン 3.4.0 以降では、MRM でも CMP コンテンツを作成できます。 詳細に関しては、「MRM と CMP の統合」を参照してください。

戦略、詳細、プロジェクト情報:

[戦略]、[詳細]、[プロジェクト情報] タブはコンテンツ ページに表示されます。

戦略

  • [タイプ] は、前のコンテンツ ウィンドウで事前入力されています。

  • [顧客ターゲット] は、以下の選択肢から選びます。

  • [キャンペーン トラフィックの種類] は、表示されているリストから複数を選択できます。

  • [キャンペーン トラフィックの種類の詳細] は、以下の選択肢から複数選択できます。

  • [地域] は、選択肢から 1 つのみ選びます。

  • [公開日] は、日付と時刻を含むカレンダーを表示するアイコンを使用して選べます。

  • 簡単な説明” は、フリー テキスト フィールドですが、アイコンを使用して「ポータル画像の挿入または編集」および「ポータル動画を挿入」する機能があります。

    [挿入] ウィンドウには、選んだタブにより、[すべてのアセット] または [ポータル アセット] のいずれかが表示されます。 次に、選んだアセットを挿入できます。

  • ポータル動画の挿入は、[すべてのアセット] または [ポータル アセット] のいずれかの選んだタブに対して適切なアセットだけを一覧する挿入画面にアクセスします。

  • [ストーリー ポイント] は、ユーザーのストーリーを完全に実装するために必要な作業総量を表すために使用するメトリックです。

  • [アセット概要] によって、簡単な説明をサポートするドキュメント、画像などをアップロードできます。

戦略の詳細を入力すると、上部のパーセンテージが上昇します。

詳細

[詳細] タブでは、キャンペーン関連付けからコンテンツが作成または提供されたときに入力したデータが表示されます。 このタブは、[一般] および [システム] の 2 つのセクションに分かれています。 [一般] ヘッダーの横にある [鉛筆] アイコンをクリックすると、追加の詳細フィールドが表示されます。

コンテンツ作成中に入力された ”データ” フィールドは、[ペン] アイコンをクリックすると編集できます。

次のセクションでは、コンテンツの有効期限とコンテンツの公開日に関して説明します。

また、マスター アセットをコンテンツとして設定するためのスライダー ボタンもあります。

いくつかの添付ファイルまたは「アセット」が、このコンテンツにアップロードされている場合。 [表紙画像として設定] オプションを選ぶと、これらの 1 つを [表紙] として選ぶことができます。 これを選ぶと、添付ファイルに [王冠] アイコンが表示されます。

[マスター アセットはコンテンツ] オプションを使用すると、この添付ファイルがコンテンツとして設定されるので、以前の詳細は表示されなくなります。

[マスター アセットはコンテンツ] は、コンテンツをロックし、このオプションの選択が解除されるまで編集することはできません。

コンテンツを動的に公開するオプションもあります。 キャンペーンの開始日が設定されている場合、コンテンツを動的に公開できます。 新規コンテンツの関連キャンペーンである 2019 年夏の開始日は、2019 年 6 月 1 日です。

[動的公開日] スライダー ボタンが有効な場合、公開日は、この日付に関連して設定できます (キャンペーン開始日から 7 日後、つまり 6 月 7 日)。 これにより、キャンペーン カレンダーをキャンペーンのコンテンツに関連付けることができます。

[選択] ボックスを使用すると、コンテンツをタグに追加できます。

[+] をクリックすると、タグが一覧されたモダール ウィンドウが開きます。

これにより、タグ形式の統制語彙をコンテンツに関連付けることができます。

インパクトを加えることができます。 インパクト ポイントは、ゴールを特定し、その値 (通常は 0 から 100 の間) を決定することによって作成されます。

プロジェクト情報

[プロジェクト情報] タブは、MRM ソリューションから相対的なプロジェクト���連情報をフェッチします。 MRM と CMP の統合により、MRM のマネージャーとコントリビューターは、プロジェクトとタスクで CMP コンテンツを作成および管理できます。 この情報は、[プロジェクト情報] タブを介して CMP ソリューションに反映されます。詳細については、「CMP と MRM の統合」を参照してください。

MRM と CMP の統合は、CMP で [プロジェクト情報] タブが表示される前に有効化する必要があります。

その他のアクション

ツールバーの [...] アイコンを開くと、より多くのアクションがあります。

使用可能なアクションは次のとおりです。

  • ローカライズ
  • 適応
  • 複製
  • バージョン履歴
  • 削除

[ローカライズ] を選ぶと、nl-BE の新規ローカライゼーションで新しいバージョンのコンテンツを作成できます。元のローカライゼーションは en-US です。

コンテンツの新規バージョンが作成されます。 [使用状況] タブを開くと、ローカライズされたコンテンツは、[変数] からアクセスできます。

ただし、親と同じローカライゼーションで子を作成することはできません。 画面の左下に次のエラー メッセージが表示されます。「コンテンツ アイテムの各子には、nl-BE、es-ES、en-US などの固有のローカライゼーションが必要です。 この新しい子に対して未使用のローカライゼーションを入力してください。」

コンテンツを適応する必要があるが、ローカライゼーションが変更されていない場合は、[適応] オプションを使います。 [適応] オプションを選んだ場合、適応で使用できる新規バージョンが作成されます。

[変数] ボタンをクリックすると、ローカライゼーションや適用関連情報が表示されるダイアログボックスが表示されます。

[複製] は元のコンテンツを複製します。

[バージョン履歴] は、バージョン履歴を表示します。 以前のバージョンを復元したり、バージョンを削除できます。また選んだバージョンを比較できます

選んだバージョンを比較すると、比較対象として 2 つのバージョンを選べます。

[差分] スライダー ボタン は、2 つのバージョン間の変更点を強調表示します。

新規バージョンは、[新規バージョンとして保存] ボタンを使用して作成します。

削除

削除 を使用するとコンテンツが削除されます。

Can we improve this article ? Provide feedback