logo

進行中の作業

作業ページでは、ユーザーは自分の作業だけではなく、割り当てられている権限により閲覧できるすべての作業を監視できます。 コンテンツ マネージャーは、すべてのコンテンツの概要ステータスを確認でき、ライフサイクル ステータスまたはコンテンツ タイプでファセット検索すると、情報を掘り下げることができます。

コンテンツのライフサイクル ステータスは、コンテンツの作業ステータスの定義です。

  • アイデア: コンテンツの抽象的または基本的な概念を記録した状態です。

  • 進行中: コンテンツを作成中またはレビュー中の状態です。

  • 最終: コンテンツの公開準備が完了または公開済みとなった状態です。

  • アーカイブ済み; コンテンツのライフサイクルが終了した状態です。

作業ページでは、最初に [自分の作業] および [すべての作業] を選択することができます。

自分の作業

[自分の作業] では、現在のユーザーに割り当てられた作業テーブルが表示されます。 これにより、ユーザーは自分に割り当てられているコンテンツの概要をクリックでき、自分の作業を確認できます。 作業は、CMP のコンテンツのステータスに関連して定義されます。

コンテンツのアクティブなステータスが空欄の場合は、CMP フローに移行しておらず、まだ概念化の段階であり、作成に向けて承認待ちであることを示します。

現在のユーザーに割り当てられているコンテンツの総ストーリー ポイントも表示されます。

すべての作業

[すべての作業] タブには、以下のライフサイクル ステータスの列が表示されます。

  • アイデア
  • 最終
  • 進行中
  • アーカイブ済み

特定のコンテンツ タイプでフィルタリングすると、コンテンツの対象を絞った概要を表示できます。

ライフサイクル ステータスファクトを使用しても、[進行中] などのステータスごとに作業をフィルタリングすることができます。

Can we improve this article ? Provide feedback