logo

予算機能

この機能を使用すると、わかりやすい方法で簡単に予算を作成、管理、表示できます。 この機能は、基本プロジェクト全体、またはマルチステージ プロジェクトの全ステージで使用できます。

基本プロジェクトまたはステージ ブロックでは、予算機能は [予算] タブから使用できます。マルチステージ プロジェクトの場合は、[概要] タブで子ステージの予算の概要を視覚化できます。

このセクションのスクリーンショットは、例として基本プロジェクトのインターフェイスを使用しています。 マルチステージ プロジェクトのステージの予算機能も、インターフェイスと動作は同じです。

概要

[予算] タブでは、テーブル ビューまたはピボット テーブル ビューという 2 つの異なる方法で予算明細アイテムを表示できます。 検索ファセット バーのテーブル アイコンをクリックすると、ビューを切り替えることができます。

次のセクションでは、それぞれの予算ビューについて説明します。

  • テーブル ビュー: テーブル内のさまざまな予算明細アイテムを一覧表示するビューで、行をインライン編集したり、検索ファセットを使用してフィルタリングしたりするオプションがあります。

  • ピボット テーブル ビュー: ピボット ビューには、テーブルおよび縦棒グラフの 2 つの視覚化方法が設定されています。 どちらの視覚化方法でも、残高または合計の 2 パターンの集計方法を使用できます。 このビューでは、任意のフィールドを X 軸または Y 軸に移動して、さまざまな方法でグループ化した結果を表示できます。

    ユーザーは、テーブルの左上にあるドロップダウン リストを使用して、ピボット テーブル ビューを切り替えることができます。

    • テーブル: テーブル ビューは多次元の動的テーブルで、ユーザーが定義した特定のグループに基づいてさまざまな予算明細アイテムを一覧表示します。

    • 縦棒グラフ: 名前が示すとおり、縦棒グラフは、ユーザーが定義したグループに従って、データを縦棒で表示します。

    • 新しい視覚化と集計は実装レベルで設定できます。 >
      • デフォルトのグループ化は、ポータル管理からスーパーユーザーが変更できます。

        ヒント

        ピボット テーブル ビューの設定については、「ピボット テーブルの説明セクション」を参照してください。

      • 予算明細アイテム

        予算テーブルは、予算明細アイテムに基づいています。 予算明細アイテムは、設定可能なプロパティを持つ単一の予算エントリです。 このセクションでは、さまざまなプロパティと、それらを設定する方法について説明します。

        新規予算明細アイテムの追加

        新しい予算明細アイテムを追加するには、予算インターフェイス ([予算] タブ) で [新規明細アイテム] ボタンをクリックします。 このアクションにより、必要な情報を入力する [新規明細アイテム] 作成ウィンドウが開きます。

        プロパティ

        予算明細アイテムには、設定可能なプロパティがいくつかあります。

        • アイテム タイプ: このプロパティではアイテムのタイプを定義します。

        • 信頼度: このプロパティではアイテムの信頼度の値を定義します。

        • サブタイプ: このプロパティではアイテムのサブタイプを定義します。

        • 金額: このプロパティではアイテムの金額を 10 進数値で定義します。

        • 通貨: このプロパティではアイテムの通貨単位を定義します。

        • コスト センター: このプロパティではアイテムのコスト センターを定義します。

        • コスト タイプ: このプロパティではアイテムのコスト タイプを定義します。

        • 費用タイプ: このプロパティではアイテムの費用タイプを定義します。

        これらのプロパティ値は、すべて設定可能です。次のセクションで説明します。

        プロパティの設定

        予算明細アイテムのプロパティは、管理ページからすべて設定できます。

        1. [管理] > [オプション リスト] の順に移動します。

        2. [オプション リスト] インターフェイスで、「BudgetLineItem」を検索します。 これにより、予算明細アイテムのプロパティに関連するすべてのオプション リストが表示されます。

        3. 目的のプロパティをクリックして (例: BudgetLineItem.Confidence) プロパティの値を表示します。

        4. 必要な変更を加えます (例: 新しい値を追加する、既存の値を変更する)。

        5. 変更を保存します。

        ピボット テーブルの説明

        ピボット テーブルは、ユーザーが X 軸と Y 軸のディメンションを定義できる多次元の動的テーブルです。 このセクションでは、ピボット テーブルの設定について説明します。

        ピボット テーブルのエリア

        次の図に示すように、ピボット テーブルには主に 6 つのエリアがあります。

        エリアの用途は次のとおりです。

        • エリア 1: このエリアはテーブルの待機ポイントで、未使用のプロパティが表示されます。 ここに表示されているプロパティは、テーブルのディメンションに使用されません。 テーブルのディメンションからプロパティを削除する場合は、ここにそのプロパティをドラッグアンドドロップします。

        • エリア 2: このエリアには、テーブルの X 軸のディメンションが表示されます。 ここに表示されているプロパティは、テーブルの横方向のディメンション (上部のヘッダー) として使用されます。 このセクションのプロパティの順序で、横方向のディメンションのカスケード動作が定義されます (例: 一番左のプロパティは最上部のヘッダー)。

        • エリア 3: このエリアには、テーブルの Y 軸のディメンションが表示されます。 ここに表示されているプロパティは、テーブルの縦方向のディメンション (左側のヘッダー) として使用されます。 このセクションのプロパティの順序で、縦方向のディメンションのカスケード動作が定義されます (例: 一番上のプロパティは最左部のヘッダー)。

        • エリア 4: このエリアには 2 つのフィールドがあります。 最初のフィールドでは、集計操作を [残高] または [合計] のどちらかに定義します。 2 つ目のフィールドでは、集計操作に使用するプロパティを定義します。 選択するプロパティは、集計操作ができる数値である必要があります。 これらの 2 つのフィールドで、テーブルに表示する値の計算方法を定義します。

          • 残高: 選択したプロパティ値の合計。コストは負の値で表され、予算は正の値で表されます ([アイテム タイプ] フィールドに基づきます)。

          • 合計: 選択したプロパティ値の合計。すべてのタイプが正の値として表されます。

        • エリア 5: このエリアでは、ピボット テーブル ビュー ([テーブル] または [縦棒グラフ]) を選択できます。

        • エリア 6: これがテーブルのメイン エリアです。 計算されたすべてのテーブル データがこのエリアに表示されます。

        ピボット テーブルの例

        以下の例は、前のセクションで説明したエリアを参照しています。

        1. まず、すべてのプロパティを横方向のディメンション (エリア 2) と縦方向のディメンション (エリア 3) から待機ポイント (エリア 1) に移動すると、テーブルが空になります。 この時点では、テーブルにディメンションは何も定義されていません。

        2. プロパティ (例: 費用タイプ) を待機ポイント (エリア 1) から縦方向のディメンション (エリア 3) にドラッグすることから始めます。 このアクションにより、テーブルの左側のヘッダーになる縦方向のディメンションにそのプロパティが追加されます。 このプロパティの値は、テーブルの左側のヘッダーとして表示されます。

        3. 2 つ目のプロパティ (例: 通貨) を待機ポイント (エリア 1) から横方向のディメンション (エリア 2) にドラッグします。 このアクションにより、テーブルの上部のヘッダーになる横方向のディメンションにそのプロパティが追加されます。 このプロパティの値は、テーブルの上部のヘッダーとして表示されます。

          この時点で、費用タイプごとおよび通貨ごとにデータが整理されています (つまり、それぞれの費用タイプに対して、通貨ごとの金額の残高値が視覚化できます)。

        4. 次に、3 つ目のプロパティ (例: 信頼度) を横方向のディメンション (エリア 2) にドラッグします。 このアクションにより、テーブルの上部のヘッダーになる横方向のディメンションにそのプロパティが追加されます。 このプロパティの値は、テーブルの 2 番目の上部のヘッダーとして表示されます。

          この場合の横方向のディメンションの順序に注意してください (エリア 2)。通貨信頼度より先に移動したので、通貨の値が最上位のヘッダーとして表示され、それぞれの通貨の値に対して、信頼度の値が第 2 レベルのヘッダーとして表示されます。

          この時点で、費用タイプごと、通貨ごと、信頼度ごとに��ータが整理されています。

        5. 3 つ目のプロパティ (例: 信頼度) を横方向のディメンション (エリア 2) から縦方向のディメンション (エリア 3) にドラッグすると、そのプロパティの値がテーブルの第 2 レベルの左側のヘッダーとして追加されることがわかります。 この場合も同じ順序ロジックが適用されます。

        • 特定のユース ケースに対応するために、ディメンション パネル (エリア 2 とエリア 3) にプロパティを追加することで、テーブルのディメンションを好きなだけカスケードできます。
        • 同じピボット テーブルのディメンション ロジックが縦棒グラフ ビューに適用されます。

      Can we improve this article ? Provide feedback