logo

MRM の概念

Sitecore MRM™ には、マルチステージ プロジェクト、基本プロジェクト、タスク、ジョブの 4 つの主要な階層コンポーネントがあります。 これらの概念に加えて、タスクの自動化、タイムライン管理、自動化ステータス フローなど、進行中の作業を円滑に進めるためのさまざまな機能があります。

プロジェクトでの定義の有効化

Sitecore MRM™ は、Sitecore Content Hub内で定義されたエンティティを使用します。 エンティティを使用できるようにするには、プロジェクトでエンティティの定義を有効にする必要があります。

[管理] > [スキーマ] の順に選択し、エンティティの定義にアクセスして、有効化/無効化インターフェイスを使用するとプロジェクトで定義を有効化できます。

プロジェクトでの定義の有効化方法の詳細については、「プロジェクトでの定義の有効化セクション」を参照してください。

基本プロジェクト

基本プロジェクトは、調整された一連のタスクであり、プロジェクト コンテンツで、ユーザーが共同作業をすることができます。 基本プロジェクトはシンプルなワークフローに使用され、共同作業とタスクの割り当てを簡易化します。

基本プロジェクトの詳細については、「基本プロジェクト セクション」を参照してください。

マルチステージ プロジェクト

Sitecore MRM™ の最上位は、マルチステージ プロジェクトです。 マルチステージ プロジェクトは、ユーザーが特定のマーケティング目標を達成できるようにする一連の調整されたステージです。 マルチステージ プロジェクトの例として、マーケティング製品の発足が挙げられます。 通常、ユーザーは、マルチステージ プロジェクト全体の中で、ワークストリーム、ステージ、またはマイルストーンを明確に表す傾向にあります。 各ワークストリーム (広告、ロゴ デザイン、パッケージング、パンフレット、ソーシャル メディア コンテンツなど) で、ユーザーは可能なマーケティング ツールとリソースを使用して、優れた製品価値を提供する必要があります。

[!注意] マルチステージ プロジェクトの詳細については、「マルチステージ プロジェクト セクション」を参照してください。

ステージ

マルチステージ プロジェクトは、複数のステージに分けることができます。 ステージは、シーケンスまたは依存関係を反映するように階層的に編成できます。

ステージはプロセスのより大きな部分であり、通常は 1 日以上に及びます。 ステージの例として、ブリーフィングの作成、写真撮影、ビデオ ポスト プロダクションなどが挙げられます。

Sitecore MRM™ 内では、マルチステージ プロジェクトの詳細ページに表示されるタイムラインで、ステージとその関係を設定および視覚化できます。

プロジェクト マネージャーは、一連のステージとそのステータスを通じて、進行中の作業を簡単に監視および追跡できます。

重要

  • ステージは、マルチステージ プロジェクトのコンテキストでのみ意味をなします。
  • ステージには、基本プロジェクトとまったく同じ機能があります。

    [!注] ステージの詳細については、「ステージ セクション」を参照してください。

マイルストーン

マイルストーンは、マルチステージ プロジェクト内のタイムライン上の重要なポイントであり、最終目標に向けたグローバル プロジェクトの進捗状況を判断するために使用されます。 理想的には、マイルストーンは関連するスケジュールされたステージに論理的に関連付けられる必要があります。

マイルストーンは、ステージの特殊なケースと見なされます。 ステージには、発生項目、期間、成果物の定義済みリストがありますが、マイルストーンは、単にマルチステージ プロジェクトの進捗を明確に表示するプレースホルダーです。

重要

マイルストーンは、マルチステージ プロジェクトのコンテキストでのみ意味をなします。

マイルストーンの詳細については、「マイルストーン セクション」を参照してください。

プロジェクト テンプレート

ユーザーが同じようなタイプのマルチステージ プロジェクトまたは基本プロジェクトを頻繁に開始する場合、毎回新しいプロジェクト構造を作成することは時間の無駄になる場合があります。

Sitecore MRM™ には、ユーザーがマルチステージ プロジェクト構造または一連の複数プロジェクトを同様の繰り返すマルチステージ プロジェクトのテンプレートとして利用できるようにするテンプレート機能があります。

プロジェクト テンプレートの詳細については、「プロジェクト タイプ セクション」を参照してください。

タスク

基本プロジェクトまたはマルチステージ プロジェクト コンテキストでは、共同作業は自由に行うか、チーム メンバーにタスクを割り当てることでプロジェクト マネージャーが管理することもできます。 タスクは本質的にきめ細かく、通常は数分から数日相当の作業の範囲です。

タスクの例として、写真撮影の画像からの選択、レイアウトの変更、アートワークのレビューや承認などがあります。

重要

タスクは、基本プロジェクトまたはマルチステージ プロジェクトのステージで作成できます。

タスクの詳細については、「タスク」セクションを参照してください。

タスクのチェーン化

プロジェクト管理主導のアプローチに加えて、ユーザーは自動化されたタスクを追加することもできます。 これらのタスクは通常、基本プロジェクトの開始時、またはプロジェクト テンプレートの一部として設定されます。

タスクをチェーン化すると、他の要因、タスク間のコンテンツの転送、および他の多くの機能に応じて、タスクを自動的に開始できます。

タスクのチェーン化の詳細については、「タスクのチェーン化セクション」を参照してください。

ジョブ

ジョブは、事前定義されたチームと部署が、それぞれの責任に焦点を合わせて、特定のコンテンツに対して独立して協働できる単一のスペースです。

重要

  • タスクはジョブでは使用されません。
  • ジョブは Stateflow で頻繁に使用されます。 ジョブでの stateflows の使用の詳細については、以下のセクションを参照してください。

    [!注] ジョブの詳細については、「 ジョブ セクション」を参照してください。

ステータス フロー

Sitecore Content Hub は、あらゆるタイプのコンテンツに対して有効にできる有限のステータス フローの概念をサポートしているため、ユーザーは、コンテンツ作成プロセスでデジタル ロジックを設計できます。

つまり、スーパーユーザーは最終的なステータス、遷移、アクションの数を定義できるということです。 ステータス フローは、任意の時点で、任意のコンテンツを保存します。 ステータス間の遷移ロジックは、動的で柔軟なユーザー インターフェイスによって円滑に進められます。

ステータス フローの詳細については、「ステータス フロー セクション」を参照してください。

Can we improve this article ? Provide feedback