logo

CMP との統合

MRM と CMP の統合は、Sitecore Content Hub のバージョン 3.4.0 で導入された新機能です。 この機能により、MRM のマネージャーとコントリビューターは、プロジェクトから直接 CMP コンテンツを管理できます。

MRM と CMP の統合の有効化

MRM で CMP コンテンツを有効化する前に、スーパーユーザーは、プロジェクトに対して「M.Content」エンティティ定義を有効化する必要があります。 プロジェクト定義の有効化に関しては、「プロジェクトで定義を有効化する」を参照してください。

MRM と CMP の統合を使用

MRM と CMP の統合を有効にすると、ユーザーはアセットやフラグメントと同様の方法で MRM の CMP コンテンツを利用できます。 すべての変更は、両方のソリューションに即座に反映されます。

コンテンツ アイテムの作成

コンテンツ アイテムは、他のアセットやフラグメントと同様に、[追加] ボタンをクリックすることで MRM プロジェクトで作成できます。

新規コンテンツ アイテムを追加するには、[コンテンツ] ボタンをクリックします。

モーダル ウィンドウで、作成するコンテンツ アイテムに関連する情報を入力します。

[タイプの追加] ボタンをクリックすると、コンテンツのタイプを設定できます。

[作成] ボタンをクリックすると、作成されたコンテンツ アイテムがプロジェクト ギャラリーに表示されます。

MRM からコンテンツ アイテムを作成すると、コンテンツ アイテムのステータスが、[進行中] になります。 タスクが承認されると、タスクは、[最終] ステータスになります。

コンテンツ アイテムのインポート

既存のコンテンツ アイテムは、CMP から MRM にインポートすることもできます。 これを実行するには、前回と同様、[追加] ボタンをクリックします。

次に、[アイテムをリンク] オプションを選択して、プロジェクトにリンクできる利用可能なコンテンツ アイテムを確認します。

リストから目的のコンテンツ アイテムを選択したら、[追加] をクリックして、プロジェクトにアイテムをリンクします。

添付ファイルとして追加

プロジェクトに添付ファイルを割り当てる際に、コンテンツ アイテムを作成またはインポートすることもできます。

Can we improve this article ? Provide feedback