logo

ジョブ

ジョブは、チームと部署が共同作業を行いながら、それぞれの責任に焦点を合わせて、独立して作業ができる単一のスペースです。 ワークフローを明確にするための主要な構成要素は、ステータス フローです。

ジョブは、複数のステータス フローに関連付けることができます。 ステータス フローはスーパーユーザーによって事前定義されており、目的のコンテンツ出力に応じて、指定されたジョブで発生する可能性のあるすべてのステータスを表すテンプレートとして使用できます。

さらに、共通のワークスペースでは、すべての共同作業者は、@メンションと @返信機能のサポートがある、透過的なディスカッション セクションを持つことができます。 また、事前定義されたステータス フローには、タスクをその場で作成または割り当てる必要がないという利点があります。 また、チームや個人に対する各ステータスでの進行中のコンテンツの自動割り当てもサポートしています。 各ステータスでは、共同作業者が各自の職務を迅速に遂行するために必要なアクションを提供します。

目的の成果物を達成するためのプロセスに、業務運用で繰り返される静的なワークフローがある場合は、ジョブを使用する必要があります。 つまり、厳密な時間管理計画がある複雑な依存関係構造は不要です。

新規ジョブを追加する

新規ジョブを定義するには、ジョブのホーム ページにナビゲートします。

  1. ジョブ ページのヘッドラインの横にある をクリックします。

  2. ジョブ名を入力します。

  3. [作成] をクリックします。

リスト内のジョブ名をクリックして、ジョブの詳細ページにアクセスします。

ジョブの詳細ページ

ジョブの詳細ページは、複数の情報分類と操作ボタンで構成されています。

  • サイド バー

    1. 詳細: ここには、ジョブ名、ステータス、現在のステータス、担当ユーザー、クイック アクション、作成日、ジョブの所有者などのジョブに必要な詳細が表示されます。 ジョブの所有者または管理者は、ジョブの再割り当てなど、ジョブのデータを編集できます。

    2. コメント: ここには、コメント エリアで @メンション機能を使用することでコントリビューター間での共同作業を促進します。

  • メイン ゾーン

    1. 現在のステータス ウィザード: ここには、ジョブの現在のステータスが表示されます。

    2. コンテンツ: ここには、ジョブ内の進行中のすべてのコンテンツが表示されます。 使用可能なアクションは、コンテンツのサムネイルに表示され、有効化されています。

  • アクション ボタン

    1. ステータス フローの適用: これにより、ジョブ所有者は、要求した成果物を配信するために、目的のステータス フローをジョブに適用できます。

    2. 追加: コントリビューターは、コンテンツをアップロードできます。

    3. 編集: 編集者がコンテンツ メタデータを一括編集できます。

    4. コンテンツに送信: 承認されたコンテンツを DAM に公開します。

    5. 削除: プロジェクトと関連付けられているすべてのサブプロジェクトおよびタスクが削除されます。

Can we improve this article ? Provide feedback