logo

基本プロジェクトとジョブの違い

基本プロジェクトはシンプルなワークフローに使用され、コンテンツの共同作業とタスクの割り当てを簡易化します。 基本プロジェクトの詳細については、「基本プロジェクト」を参照してください。

ジョブは、チームと部署が共同作業を行いながら、それぞれの責任に焦点を合わせて、独立して作業ができる単一のスペースです。 ワークフローを明確にするための主要な構成要素は、ステータス フローです。 詳細については、「ジョブ」を参照してください。

ジョブ (BlockType) と基本プロジェクトは、同じ意味で使用できるように見えるかもしれませんが、この 2 つには根本的な違いがあります。

最も基本的なレベルでの違いは、基本プロジェクトが計画および管理機能を定義していることです。

一方ジョブは、[クイック アクション] に関連付けられています。

基本プロジェクト

基本プロジェクトには、次の管理機能があります。

  • 期間、ワークロードなど完全なタスク管理。

  • 予算とリソース機能。

  • タスクのチェーン化。

ジョブ

ジョブは、ステータス フローに対して有効化されています。ステータス フローの詳細については、「ステータス フロー」を参照してください。 状態フローは、ビジネス ロジック自動化設定をサポートしています。これによって、ジョブ内の各状態遷移で必要に応じて設定が自動化されます。 ジョブの状態ごとに、次の要素を自動化できます。

  • 割り当て: スキルのあるリソースを割り当て、ジョブ内の特定の細かいアクティビティを実行します。

  • クイック アクション: 各状態で専任の共同作業者が利用できる個々のアクション ボタンを選択します。

  • ステータス: ジョブが完了すると、そのステータスが自動的に変わります。

ジョブでは次のクイック アクションを利用できます。

  • クイック アクション

  • 評価

  • バージョンのアップロード

  • 注釈

  • グローバル レビュー

  • ローカライゼーション バリアント

  • 並行レビュー

  • ローカル レビュー

  • ファイルのアップロード

  • ダウンロード

Can we improve this article ? Provide feedback