logo

CHILI Editor

Editor は、オンラインのドキュメント レイアウト ツールです。 デスクトップ ソフトウェアにも同様の要素が見られます。

CHILI Editor のレイアウトには、左右にパネルを持つドキュメントがアプリケーションの中央にあり、左右のパネルではドキュメント上のオブジェクトに特定のパラメーターを指定できます。

このセクションでは、以下について説明します。

CHILI Editor について詳しくは、CHILI Editor のドキュメントを参照してください。

Editor のメイン ページ

CHILI Editor を開くには、 ボタンをクリックします。

Sitecore Content HubTM 内で CHILI Editor が開き、テンプレートと共に Sitecore Content HubTM の次のタブが表示されます。

  • 設計
  • フレーム
  • 詳細

ユーザー レベル

CHILI Editor の構成には、Editor のコンポーネントへのアクセスを設定するドロップダウン オプションが随所にあります。 ユーザーのアクセス レベルは、[すべて]、[管理者]、[標準ユーザー] に設定できます。

  • すべて: すべてのユーザーが要素や機能を表示・利用できます。
  • 管理者: 管理者権限を持つユーザーにのみ要素や機能を提供します。
  • 標準ユーザー: エンドユーザーが要素や機能を表示・利用できます。

ページ

[ページ] タブには、テンプレートに含まれるページのプレビューが表示されます。

以下のオプションがあります。

  • : テンプレートに空白のページを追加します。ページは、テンプレートに含まれているフレームと変数を使用して作成できます。

  • : 選択したページを削除します。 このアイコンを表示して使用するには、テンプレートに少なくとも 2 つのページが必要です。

  • : 選択したページを上下に移動します。

  • : ページをコピーします。 このボタンは、選択したページのコピーだけでなく、貼り付けも行います。

ドキュメント

[ドキュメント] タブには、テンプレートのキャンバスとして機能する 1 つまたは複数のページのレイアウトの詳細と設定が表示されます。

レイヤー

レイヤーは、デジタル画像の編集で、画像のさまざまな要素を分離するために使用されます。 レイヤーは、イメージング効果や画像を適用する透明度と比較できます。 レイヤーは画像の上または下に配置されます。

レイヤー リスト

[レイヤー リスト] パネルには、ドキュメントで使用されているレイヤーのリストが表示されます。 デフォルトでは、レイヤーは1 つしかありませんが、 フレームを移動することで、オブジェクト (フレーム) を低い位置や高い位置に移動できます。 レイヤーには、バックグラウンド フレームとデフォルトのレイヤー 1の 2 つがあります。

変数

[変数データ] では、インライン編集の代わりに、入力フォームを通じて CHILI のドキュメントを操作できるよう設定できます。 変数フィールドでルールや制約を作成することでユーザー エクスペリエンスを簡素化し、ドキュメントにブランド保護を含めることもできます。

[変数データ] の構成は、CHILI Editor の内部で設定できます。 この構成により、管理者はセットアップがすばやく簡単に行えます。

[変数] タブには、テンプレートに含まれている変数が表示されます。

画像変数には、使用しているアセット名が含まれます。

画像変数には、使用しているアセット名と、次の 2 つの追加機能が含まれます。

  • 新しいアセットを選択して現在のアセットに置き換えるには、 アイコンをクリックします。 [画像の選択] モーダルが開き、そのアセットから新しい画像を選択できます。

  • アセットを削除してフレームを空白にするには、 アイコンをクリックします。

テキスト変数は変数のテキスト ボックスで編集できます。この変更はテンプレートに反映されます。

CHILI Editor で保存や更新を行うと、変更が [デザイン] タブにプッシュされます。

イメージ変数の作成

右側の [変数データ] タブに移動し、[変数リスト] に新しい変数を追加します。

[変数リスト] には、テンプレートに含まれる変数のリストが表示されます。

新しい変数を追加するには、 をクリックします。変数は次のように [変数リスト] に追加されます。

新しい変数を編集するには、 アイコンをクリックします。[新規変数設定] という新しいモーダル ウィンドウが開きます。 このモーダルでは、新しい変数の詳細を入力できます。

使用可能な変数の型は次のとおりです。

  • Short Text
  • Long Text
  • Formatted Text
  • Calculated Field
  • Image

この例では、New-variable という名前の新しい変数を Image 型で作成しています。

この新しい変数を新しいフレームに挿入するには、[新規フレーム] ボタンをクリックします。

この例では、新しいフレームの型として [Image] を選択します。

[画像] タブで [画像設定] を選択して [変数] ドロップダウンに移動し、新しいフレームに変数を関連付けます。

新しいフレームを挿入し、新しい変数に関連付けるには、ドロップダウン リストから変数を選択します。

[閉じる] をクリックすると新しい画像変数が作成されますが、この変数へのアセットの関連付けは行われません。 プレースホルダーのアセットが必要な場合は、 アイコンをクリックします。これにより、新しいアセットを選択して挿入するか、ファイルをアップロードして画像で使用できます。

[画像の選択] モーダルが開き、そのアセットから新しい画像を選択できます。

必要なアセットをダブルクリックすると、変数に含まれます。

このフレームをパブリケーションでエンドユーザーが表示できるようにするには、フレームにタグを付ける必要があります。 [フレーム] タブの [タグ] フィールドに値を挿入します。

変更を保持するには、[保存] をクリックします

画像変数を表示するには、テンプレートを再検証する必要があります。

テンプレートを再検証するには、[テンプレートの再検証] を選択します。

メッセージ ボックスは、Editor で設定した変数やタグ付きフレームを公開するには、テンプレートの検証を行う必要があることをユーザーに通知します。 ただし、テンプレートを再検証すると、現在のマッピングが削除されます。

検証が完了すると、画像変数はダイナミック フレームとして表示されます。

テキスト変数の作成

テキスト変数を作成するには、最初にテキスト変数を作成します。 この例では、short-text 変数を作成します。

変数を保持するテキスト フレームを作成します。

フレームを必要な場所に移動します。

  • [変数リスト] から必要な変数をクリックして選択します。
  • [変数ツール] で、[選択したフレームに変数を含める] をオンにします。

アンカーされていないテキスト ツールバーか [変数ツール] で、[ストーリーの編集] ボタンをクリックします。

[変数リスト] で [変数を挿入] ボタンをクリックし、変数をテキスト フレームに挿入します。

変数は 2 つの 記号の間に挿入され、空白のテキストボックスに使用されます。

ドキュメントに戻るには、[閉じる] ボタンをクリックします。

新しい変数は、[変数] タブに空白のテキスト ボックスと共に表示されます。

テキスト変数の先頭と末尾に が付いていない場合は、テキスト フレームに直接テキストが挿入されます。

テキストボックスは、[変数] に引き続き表示されますが、ここに挿入した値はフレームに表示されません。

画像変数を表示するには、テンプレートを再検証する必要があります。 再検証が完了すると、テキスト変数が [変数] タブに表示されます。

フレーム

新しいフレームを作成するには、 メニューからオプションを 1 つ選択します。

新しいフレームを作成するオプションは次のとおりです。

  • テキスト

  • テーブル

  • スニペット

  • 画像

  • バーコード

ドロップダウンのメニュー項目をクリックし、オプションの 1 つを選択します。

この例では、new_image という新しい変数を追加し、次に ** [Image] ** フレーム オプションを選択しています。 新しい変数の追加については、「変数」を参照してください。

新しい空のフレームが表示され、テンプレートの右上隅の必要な領域にドラッグします。 [画像設定] タブが表示されます。

[画像設定] タブでは、Sitecore DAMTM から画像を割り当て、新しいフレームに変数を関連付けることができます。 この例では、フレームの変数は New-image-variable で、割り当てた画像は logo-healthful.ai です。

Sitecore DAMTM からのこのアセットは、新しいフレームに表示されます。

テキスト フレーム設定

CHILI Editor には、レイアウトや書式設定の機能をいくつか使用したテキスト編集機能があります。

ワープロ ソフトウェアはテキストをページ全体に渡る行として処理しますが、レイアウト ツールである CHILI Editor は、

フレームとして表現されるブロック構成でテキストを処理します。 最初にフレームを作成してから、そこにテキストを入力できます。

  • プレースホルダー テキストを入力する: フレームにサンプル文 (Lorem Ipsum) を入力します。

  • ハイフネーションあり: 選択したテキストにハイフンを挿入します。

  • 上下の整列: 上揃え、中揃え、下揃え、両端揃え

  • 変数を含む: このフレームに変数が含まれていることを示します。

  • テキストの折り返しを無視する: テキストの折り返し設定を無効にします。

  • 取り消し線: 選択したテキストに取り消し線を追加します。

    • 太さ: 取り消し線の太さ
    • 色: 取り消し線の色
  • : テキストを列に分割します。

  • フレームの自動伸長: テキストの追加や削除に応じて、フレームのサイズが変更されます。

    • 方向: フレームが伸びていく方向。
    • 増分: 一度に伸びる長さ。
    • 最小・最大サイズ: フレーム サイズの最大値と最小値。
    • ページ内に収める: ページの外へのフレームの伸びを制限します。
  • 挿入: インライン フレームをカーソル位置に挿入します。

  • パスに沿ってテキストを配置: フレームの境界に沿ってテキストを配置します。

    • テキストに揃える: テキストをパス ラインに揃えます。
    • ストロークに揃える: フレームに境界線がある場合のみ、テキストをフレームの境界線の幅に揃えます。
    • 垂直オフセット: パスに垂直なオフセットを追加します。
  • 反転: パスの内側と外側の間でテキストを反転します。

    • 文字間スペース: 個々の文字の間にスペースを挿入します。
    • ポイント スペース (前): パスのアンカー ポイントの前にスペースを挿入します。
    • ポイント スペース (後): パスのアンカー ポイントの後にスペースを挿入します。

Can we improve this article ? Provide feedback