logo

テンプレート

テンプレートには、グラフィック作成プロセスを簡素化する特定の機能を設定できます。これにより、デザインの知識がほとんどないユーザーでも、ドキュメントの作成や編集を自力で行い、独自のグラフィックを作成できるようになります。 テンプレートを使用すると、グラフィック デザインと制作を部分的または完全に自動化できます。 テンプレートはすぐにプリントができるファイルの生成に使用され、制作環境に移行する前の後処理はほぼ不要です。

このセクションでは、以下について説明します:

テンプレートの作成

CHILI Publisher では、テンプレートが XML ドキュメントのパッケージによって表されます。 CHILI XML のテンプレート ドキュメントをアップロードすると、ページの上部に視覚化インジケータが表示され、XML ドキュメントが有効かどうかが示されます。

CHILI プラグインは、デザインのエクスポート機能を Adobe Illustrator と Adobe InDesign から CHILI Publisher に追加するため、デザイナーは標準のグラフィカル エディターを使用してテンプレート パッケージを作成できます。 その後、デザイナーはテンプレートを CHILI 管理者に送信します。CHILI 管理者はそのテンプレートを Sitecore Content HubTM のテンプレート領域にアップロードし、さらに制約、変数、アセットを追加できます。

.zip ファイルに含まれているエクスポートされたテンプレートには、単一のテンプレートのコンテンツと形式を定義するいくつかのファイルとフォルダーが含まれます。 この例では、summer special .zip ファイルのパッケージに、アセットとフォント用のフォルダーが含まれています。 アセット、ドキュメント、フォント、メタデータ ファイルのための XML ファイルもあります。

テンプレートに含まれる XML ドキュメントのパッケージ例については、lemonade_product_ad.zip をクリックしてください。

テンプレートのアップロード

テンプレートを追加するには、 ボタンをクリックします。

次の詳細を入力するモーダルが開きます。

  • 名前
  • 説明

[名前] フィールドは必須です。 必要な詳細を入力したら、 ボタンをクリックします。

ユーザーが ボタンをクリックすると、CHILI パッケージをアップロードできる新しいページにリダイレクトされます。

[CHILI パッケージのアップロード] モーダル ウィンドウで、アップロードに必要なテンプレート .zip ファイルを選択します。

このパッケージをアップロードすると、テンプレートが検証されます。 この検証により、すべてのフォントとアセットが CHILI の設定で使用可能であることが確認されます。 インジケーターには、テンプレートが有効かどうかが示されます。

テンプレートが有効でない場合は、テンプレートが無効であることを示す警告とヘルプ アイコン が表示され、検証エラーに関する詳細を確認できます。 CHILI の設定について詳しくは、「CHILI の設定」を参照してください。

ヘルプ アイコンをクリックすると、検証エラーが表示されます。

この例では、2 つのフォントの使用に問題があります。 この問題を解決するには:

  • [管理] の下の [設定] に移動します。

  • [Chili] カテゴリーを選択します。

  • サブメニューから、[FontsConfiguration] 設定を選択します。

  • ドロップダウン メニューで、出力を [テキスト] に変更します。 設定に 2 つのフォントを追加して、[保存] をクリックします。

  • [テンプレートの詳細] ページに戻り、 ボタンをクリックします。

  • オプションを選択します。

  • テンプレートが再検証されると、テンプレートのインジケーターに処理の変化が表示されます。

Chili の設定

設定説明
FontsConfigurationCHILI Publisher アプリケーションで許可したフォントは、これらの設定に含まれています。 ユーザーは、CHILI で使用が許可されているフォントの追加や削除ができます。
EditorConfigurationこれらの設定には、アプリケーションの現在のインスタンスが含まれます。
QualityConfigurationユーザーは、出力ファイルのさまざまな品質関連の設定の表示と構成ができます。
TemplateConfigurationこれらの設定は、CHILI Publisher のテンプレートを構成します。

詳細

[詳細] タブには、テンプレートのシステムの詳細が含まれています。 これらの値は、編集アイコン を使って編集できます。

変数

変数を使用すると、ユーザーは、インライン編集の代わりに入力フォームを介してテンプレートを操作できるようにテンプレートを設定できます。 変数フィールドでルールや制約を作成することでユーザー エクスペリエンスを簡素化し、ドキュメントにブランド保護を含めることもできます。

変数には主に 2 つのタイプがあります。

  • 画像: 画像は Sitecore DAMTM のアセットです。
  • テキスト: テキストは CHILI Editor で作成した変数です。

テンプレートで事前に作成された変数を選択すると、テンプレートの編集ページの右パネルに変数が表示されます。 次の例では、ドロップダウン リストから [説明 - 食品]、[説明 - ドリンク]、[価格] の変数を選択しています。

[保存] をクリックした後、ボタンをクリックしてテンプレートの編集ページに移動すると、選択した変数が [デザイン] タブに入力されます。 この選択により、CHILI 管理者は [パブリケーション] でユーザーのビューを表示し、このテンプレートを利用したかどうかを確認できます。

次に、必要に応じて [デザイン] タブを使用して簡単な編集を行うことができます。 この例では、[価格] 変数を [デザイン] タブで編集しています。変更は CHILI のフレームに複製されます。

[保存] をクリックすると、変数の値の変更が確定されます。

この変数は、編集可能な変数として追加されました。 [パブリケーション] の [デザイン] タブもこのテンプレートを利用して入力され、ユーザーは必要に応じて [価格] 変数を編集できます。

新しい変数を作成するには、「変数」を参照してください。

ダイナミック フレームの追加

ダイナミック フレームを使用すると、ユーザーはテンプレート フレームを Sitecore DAMTM のアセットとそのメタデータにリンクできます。

ダイナミッ�� フレームを追加するには、 ボタンをクリックします。

リンクするフレームをドロップダウン リストから選択します。 この例では、ドリンク画像のフレームを選択しています。

コンテンツ

[コンテンツ] で、[アップロードを許可する] オプションと [削除を許可する] オプションを有効に切り替えます。

  • アップロードを許可する: 画像フレームへの画像の直接アップロードを許可します。
  • 削除を許可する: 画像フレーム上で現在選択している画像の削除を許可します。

ドロップダウン リストから必要な結果セットを選択します。 ドロップダウン リストのオプションを利用して、結果セットをエディターで定義できます。

  • 保存した検索条件
  • 保存した選択
  • コレクション
  • アセット
  • フラグメント

この例では、[結果セット] で [アセット] を選択しているため、** Sitecore DAMTM** のアセットをテンプレートのドリンク画像のフレームで使用できます。

ボタンをクリックします。

この例では、使用可能なアセットのリストが表示されます。 検索バーを使用して、[結果セット] に含まれている必要なアセットやオブジェクトを見つけて選択します。 [選択] をクリックして、選択を確定します。

ダイナミック フレームにはオプションの条件付き検証を追加できます。これにより、変数の値に応じた結果セットだけを表示できるようになります。 条件付き検証を追加するには、 ボタンをクリックします。

結果セットの条件は、IF ステートメントを使用して構築します。

レイアウトは、ドロップダウン リストから選択できます。

条件の 2 番目の部分は、手動で入力するテキスト文字列です。

この例では、[Brand] の変数に「Fruitful」がリンクされ、Sitecore Content HubTMの右パネルにある [変数の入力] ドロップダウン リストに表示されます。

新しいダイナミック フレームを作成するには、[Variables](edit-chili-template.md #variables)を参照してください。

マッピング

マッピングでは、ダイナミック フレーム用に選択したアセットのメタデータを、フレーム変数に自動的にマッピングできます。

ダイナミック フレームのマッピングを管理するには、[マッピング] タブをクリックします。

新しいマッピングを追加するには、[マッピング] タブで ボタンをクリックします。

新しいマッピングには、次の 3 つの値が必要です。

  • ソース リレーション
  • プロパティの格納
  • テンプレート変数

選択したアセットに関連するエンティティは、[ソース リレーション]ドロップダウン リストにあります。

ソース リレーションを選択しない場合は、アセット自体のメタデータがテンプレート値の入力に使用されます。

次の例では、ソース リレーションをブランドとした名前のソース プロパティを、ブランドというテンプレート変数に保存します。

ダイナミック フレームには複数のマッピングを追加できます。 この例では、ブランドの説明プロパティは、説明 - 食品説明 - ドリンクのテンプレート変数にマッピングしています。

ダイナミック フレームフォームで必要なすべての値を入力したら、 ボタンをクリックします。

テンプレートをパブリケーションとして使用するときに、ユーザーがフレームをカスタマイズできるようになりました。 [パブリケーションの詳細] ページの [フレーム] タブをクリックすると、テンプレート内のフレームと、そのフレームで使用できる画像 (この場合は、Sitecore DAMTM で選択し、すでに承認されているアセット) を選択できます。 これにより、柔軟性が確保され、エンドユーザーが作成するパブリケーションの制御も維持されます。

[パブリケーションの詳細] ページで、フレームをクリックすると、[ライブラリ画像] タブが開き、フレームで使用できる画像が表示されます。

変数について詳しくは、「変数」を参照してください。

トリガー

トリガーを使用すると、CHILI 管理者は、テンプレート変数やフレームを、任意の DAM エンティティとそれに関連する製品またはブランドなどのメタデータにリンクできます。 トリガーを作成する場合は、トリガーとして使用するエンティティ定義と M.Chili.Publication 定義の間に既存の関係が必要です。 リンクされた定義のエンティティをテンプレートに追加すると、エンティティは変数とフレームを入力する [テンプレート エディタ] ページに表示されます。

変数マッピング

[変数マッピング] タブには、[ソース リレーション] ドロップダウン リストがあります。

次の例では、ソース リレーションは製品です。

  • プロパティの格納の名前がテンプレート変数の製品名に格納されます。
  • プロパティの格納の長い説明がテンプレート変数の製品の説明に格納されます。
  • プロパティの格納の番号がテンプレート変数の製品番号に格納されます。
  • プロパティの格納の gtin12 (UPC) がテンプレート変数の GTIN に格納されます。
  • プロパティの格納の数量がテンプレート変数の数量に格納されます。

これらは、テンプレートで作成された変数に対応します。 変数の作成について詳しくは、「変数」を参照してください。

新しいトリガーを作成するには、 ボタンをクリックします。

[トリガー] モーダル ウィンドウで、ドロップダウン リストから [ソース リレーション] を選択します。

[変数マッピング] タブにある ボタンをクリックします。

[プロパティの格納] ドロップダウンリストから、テンプレート変数に保存するプロパティを選択します。 この例では、短い説明が保存されます。

[テンプレート変数] ドロップダウン リストから、テンプレート変数に保存するプロパティを選択します。 この例では、説明 - 食品を選択します。

これが完了したら、 ボタンをクリックします。

フレーム マッピング

[フレーム マッピング] は、リンクされたアセットをテンプレート フレームに自動的に入力します。 このリンクは、選択したソース リレーションのエンティティとテンプレート フレームの間に作成されます。 これを使用するには、リンクしたアセットに ChiliType 値が必要です。

この例では、フレーム マッピングを作成するときにソース リレーションに製品を選択しています。

  • アセットの ChiliTypeロゴの場合は、アセットをロゴフレームに保存します。
  • アセットの ChiliType製品画像の場合は、アセットを製品画像のフレームに保存します。

テンプレートのオプション

テンプレートをアップロードした後は、[テンプレート] ページで主に 3 つの操作を行います。

  • インライン プレビュー
  • 編集
  • その他のアクション

インライン プレビュー

インライン プレビュー オプションを選択すると、プレビュー モーダルが開きます。

インライン プレビューでは、次の操作を行います。

  • 既存のテンプレートをスクロールします。

  • [詳細] ページを表示します。

  • テンプレートを編集します。 テンプレートの編集について詳しくは、「テンプレートの編集」を参照してください。

  • テンプレートのその他のアクション:

    • [プレビューをダウンロード] は、PDF プレビュー ファイルをダウンロードします。

    • [複製] は、テンプレートの複製を作成します。

    • [注釈] は、テンプレートの注釈ページを表示します。 テンプレートの注釈について詳しくは、「注釈」を参照してください。

    • [テンプレートからパブリケーションを作成する] は、テンプレートからパブリケーションを作成します。 パブリケーションについて詳しくは、「パブリケーション」を参照してください。

    • [削除] は、テンプレートを削除します。

編集

CHILI 管理者が、 テンプレートの編集オプションを選択すると、Sitecore Content HubTM 内に表示される CHILI Editor に移動します。

CHILI Editor とテンプレートの編集について詳しくは、「テンプレートの編集」を参照してください。

その他のアクション

[その他のアクション] オプションの には、CHILI 管理者向けの次のようなアクションがあります。

その他のアクション:

  • [プレビューをダウンロード] は、PDF プレビュー ファイルをダウンロードします。

  • [複製] は、テンプレートの複製を作成します。

  • [注釈] は、テンプレートの注釈ページを表示します。 注釈について詳しくは、「注釈」を参照してください。

  • [テンプレートからパブリケーションを作成する] は、テンプレートからパブリケーションを作成します。 パブリケーションについて詳しくは、「パブリケーション」を参照してください。

  • [削除] は、テンプレートを削除します。

Can we improve this article ? Provide feedback